フランスの歴史に触れる旅

ヨーロッパ

フランスの歴史に触れる旅

ルーヴル美術館(ルーヴルびじゅつかん、仏: Musée du Louvre)は
パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館(博物館)であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区のセーヌ川の右岸に位置する。
収蔵品380,000点以上。先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。
世界で最も入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れている。
フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されている。

ルーヴル美術館は、フランス王フィリップ2世が12世紀に、もともと要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)に収容されている。

現在の建物にも要塞として使用されていた当時の面影が一部残っているが、幾度となく増改築が繰り返されて、現在のルーヴル宮殿の建物となっている

出典 http://ja.wikipedia.org

フランスのボルドーに観光 (Trip to Bordeaux, south of France)

パリの観光地トップ10、見るもの、すること。

モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel) フランス観光地

フランス観光旅行 - フランス パリ 小さな旅007 モンマルトルの丘

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ